解説します!屋上緑化のメリットとデメリット

そもそも屋上緑化って何?

屋上あるいは屋根の上に植物を植えることを屋上緑地といいます。植物の持つ蒸散作用が、ヒートアイランド現象の緩和に効果があると言われており、注目を集めています。一昔前はデパートやビルなどのコンクリート造の建物が主流でしたが、近年は技術の発達や環境問題に対する人々の関心の高まりにより、木造住宅でも屋上緑化を採用されるようになってきました。

屋上緑化のメリットとは?

屋上や屋根の上の植物が、夏は太陽の熱を受け止めることで建物の温度上昇を和らげ、冬は建物の熱を逃がさない保温の役割を果たします。それによってエアコンの節電や省エネに効果があります。建物以外の面でも、景観の向上や人々がリラックスできる憩いの場としての機能を果たします。また庭がなかったり、あるいは小さい場合でも、屋上の広々としたスペースを活用することでガーデニングを存分に楽しむことができます。

屋上緑化のデメリットとは?

第一に、重さに気をつけなければいけません。建物には積載荷重条件があり、それを把握した上で屋上緑化計画を進める必要があります。次に管理ですが、屋上は日差しが強いため土が乾きやすく、頻繁に水やりをしなければなりません。したがって自動灌水システムを導入するなどの工夫が必要です。防水面においても、耐根性にすぐれた防水加工を行う必要があるため、知識のある専門会社と相談した上で適切な防水シートを採用しなければなりません。このようにデメリットを最小限に抑えるためには、屋上緑化を計画する段階で念入りに準備をすることが重要です。

屋上緑化は、社会問題化しているヒートアイランド現象の抑制や、洪水や大雨の際の一時貯水など様々なメリットがあります。

Related Articles