普段の保管方法とベルト部分をきれいにする方法

金属のベルト部分をきれいにするコツ

機械式時計の手入れはなかなか難しいと思っていても、できたら外見のベルト部分はきれいにしておきたいと思う人は多いでしょう。ベルトの種類によって手入れするべきポイントや、やるべき方法について理解してください。
金属製のベルトであれば、使っているうちにベルトの接続部分に皮脂の汚れなどがたまってしまいます。爪楊枝で汚れを浮き出し、歯ブラシでこすってめがね拭きで拭く方法が手軽ですが、更に手軽な方法としては、時計からはずして中性洗剤で洗いましょう。眼鏡を洗う超音波洗浄機があると、更に垢が落としやすいです。乾かしてから時計に取り付けることで、清潔感のあるベルトとして復活します。細かな傷がある場合には、めがね用の研磨剤を使ってこすると落とすことができるでしょう。

保管場所に気をつけるだけで汚れから時計を守れる

保管場所によってはせっかくセルフできれいにした時計であっても、また汚れてしまう可能性が少なくありません。汚れをきれいに落としてめがね拭きやセーム革で拭いて仕上げた時計は、なるべくなら買ったときの箱にそのまましまっておくことをおすすめします。密閉することで空気中の汚れから時計を守ることが可能です。時計を使うとき取り出して、使い終わったら拭いてきれいにする習慣を身につけるだけで、傷つけることも少なくきれいにできるでしょう。
ベルト部分で革製品を使っている場合、複数のベルトを用意してください。革靴は毎日はいているとどんなに手入れをしても傷みやすくなるように、時計のベルトも同じことが言えます。革専用の手入れクリームを使い、定期的に休ませながら使ってください。

オーデマピゲは、世界三大高級時計メーカーとして名を馳せるスイスの時計メーカーです。他と一線を画すデザイン性と、最新の機能が融合した時計は、世界のみならず日本でも根強い人気を誇っています。

Related Articles