これでバッチリ!スーツに合わせる腕時計の選び方

腕時計はかならず身に着けよう

まう、スーツを見ているビジネスマンの最低限の礼儀として、腕時計は必ず身に着けておきましょう。
最近は携帯電話で簡単に時間をチェックする事が出来ます。しかしながらスーツを着ているという事はほとんどが営業など、相手と対面する仕事です。会議の途中などに携帯電話で時間をチェックする事は失礼にあたります。どんな時にもすぐに時間を確認できるように、腕時計の着用は基本中の基本です。

デジタル時計ではなく、アナログ時計を

腕時計には大きく分けるとデジタル時計とアナログ時計がありますが、ビジネスシーンに用いる場合に着用するのはアナログ時計の方です。
デジタル時計はどうしてもカジュアルな印象が強くなります。プライベートの時に普段着に合わせるのであればデジタル時計でも全然構いませんが、仕事中、スーツを着用するときにはアナログ時計を身に着けている方がスーツとの一体感が生まれます。
また、機能面に関してはシンプルな機能の時計が望ましいです。時間と日付が分かれば機能としては十分です。温度や湿度までが表示される腕時計はスーツとの相性が良くありません。シンプルでスマートな時計がもっともスーツに合わせやすいです。

スーツには革ベルトを選ぼう

時計ノベルトにはいくつ種類がありますが、スーツに合わせるベルトとして候補にあがるのは革のベルトと、メタルのベルトではないでしょうか。
この二つを比較すると一般的にはメタルのベルトの方がビジネスシーンやスーツには合いそうです。ところが実際には正装には革ベルトを合わせると決まっています。スーツに合わせる腕時計は革ベルトのものを購入しましょう。

タグ・ホイヤーとは、1860年に創業されたスイスの高級時計ブランドです。クロノグラフというストップウオッチ機能を備えた腕時計の開発に力を注いでいます。

Related Articles