知っておきたい!壁面緑化のメリットと注意点

壁面緑化を行うメリット

壁面緑化は、建物の外壁を植物で覆うことであり、当然コストはかかるもののメリットも多くあります。まず挙げらえるメリットは、直射日光による建物の温度上昇を抑える効果があるということです。外壁を覆う植物により直射日光を避けることができるため、外壁面の温度上昇を抑えられますし、その結果として室内の温度も和らげてくれます。ですので、特に夏場などはエアコンの電気代を軽減することができるというメリットがあると言えるでしょう。そして冬場に関しても、植物から水分が蒸発するため乾燥した空気に潤いを与えてくれるというメリットがあります。さらに壁面緑化は、紫外線による外壁の劣化も防ぐことが出来るため、建物をキレイに維持できてメンテナンス費用も減らすことが出来るというメリットもあると言えるでしょう。

壁面緑化を行う際の注意点

一方で、壁面緑化には注意しておきたい点もあります。まず挙げられる注意点は、手入れをちゃんと行う必要があるということです。植物というのはただ植えればそれで終わりというわけではありませんし、適切な手入れを行わないと見た目が悪くなってしまいます。水やりや適切な肥料選び、そして剪定や病害虫対策のための薬剤散布などが必要になってくるでしょう。次に挙げられる注意点は、周囲に迷惑をかけないようにするということです。枯れ葉が落ちたまま放置するなど管理を怠ると周辺の方に迷惑がかかってしまうため、きちんとした管理を心掛けるようにしましょう。

壁面緑化とは、建物の壁面を植物で覆う事で室内温度を下げ、ヒートアイランド現象の軽減や壁面保護などの効果も期待できる環境に優しい技術です。自治体によっては助成金制度があり、景観が美しくなるのも魅力です。

Related Articles