機械式時計を継続して使うためにはメインテナンスが必須です!

機械式時計は手入れが欠かせません

エレガントな印象がある機械式時計ですが、長期にわたり利用し続けるためには決められた期間ごとのメンテナンスが必須です。 機械式時計と言いますのは、ゼンマイを巻くことを通して作動する時計です。電池スタイルのように放置状態にすれば、気付かぬうちに時計は止まります。加えて衝撃に関してもあまり強くないので、メインテナンスをしながらやさしく使いこなすことが求められます。

機械式時計においてメンテナンスが要される部分とは

機械式時計のメンテナンスで気に掛けたいのが機械式ムーブメントです。簡単にいえば、歯車あるいはゼンマイの部位です。ムーブメントに関しては多種多様な金属構成部品により成立しており、月日の流れとともに油切れあるいは摩耗などが発生します。その結果職人や業者に委託して、手入れをしてもらう必要性があります。 職人による機械式時計の手入れをオーバーホールと言いますが、作業の中身は多様です。摩耗部品のチェンジ、あるいは注油に加えて、部分洗浄、あるいは分解による点検、遅延のコントロールなども実施されます。時計の製造メーカーやタイプによりまして形が異なるので、高い評価を得ている技師にお願いすることが重要になります。 他にも、機械式時計においては風防、あるいはベルトのメインテナンスも行うことが不可欠です。風防と言いますのは、文字盤をプロテクトしているアクリル並びにガラスの覆いです。風防に関しては汚れが付き易いことから、一定間隔でメガネ拭きなどで拭いた方がいいでしょう。 更にベルトに関しましては、金属、さらに樹脂や布、皮革に大別することができます。金属製に関してはコマの間に汚い物が入り易いことから、時計本体より分離して、クリーンに洗うことが重要になります。

ダミアーニとは1924年に創業されたイタリアの宝飾ブランドです。宝飾界のアカデミー賞とも言われるダイヤモンドインターナショナルアワードを18回も受賞しています。

Related Articles