これが基本!機械式時計の毎日の手入れの方法

機械式時計を長持ちさせるためには?

機械式時計は、繊細な精密機械。クォーツ時計に比べると、普段からのお手入れがより重要です。こまめに毎日手入れをすることで時計の性能を維持することができ、一生使い続けることもできるくらい長持ちします。
毎日のお手入れに欠かせないのが、時計の掃除です。1日中腕につけている腕時計は、汗やホコリ、体の脂などでどうしても汚れてしまうもの。特に夏場は汗をかきますので、必ず毎日時計を拭いて汚れをきれいにしておきたいですね。

「拭く」ことが毎日の時計の掃除の基本

時計の汚れを取るには、基本的には布で拭くのが一番重要です。タオルなどの普通の布でも構いませんが、できれば専用のクロスか「セーム皮」という皮を使って拭く方がおすすめです。最近はマイクロファイバーを使ったクロスもありますので、表面に傷が付かないようにやさしく拭きあげましょう。
特に裏蓋や金属ブレスレットは体に直接触れているので、汚れが溜まりやすい所。布では隙間の汚れなどを落としにくいため、時計ケア専用のブラシでこすって落とすのがおすすめです。ハブラシや爪楊枝でも掃除はできますが、傷をつけてしまう場合もあるため専用のブラシを使うほうが良いでしょう。汚れが付いたまま放置しておくと、付着して固まってしまい取れにくくなります。できるだけ早めに汚れを落としておきましょう。

革ベルトの場合は念入りにケアを

革ベルトの場合、特に毎日の手入れが重要です。汗をすった場合、柔らかい吸水性の布で水分を吸い取るように拭きます。夏場はどうしても汗をかきますので、できれば革バンドの使用は避けた方が無難です。革ベルトの寿命は1、2年程度だといわれていますが、専用のクリームを塗って保護しておくと長持ちさせることができますよ。

数多くのアスリートに愛好されているウブロは、1980年にスイスで創業されたブランドです。フランス語の舷窓を会社名としているように、スで留めたベゼル部分が特徴です。

Related Articles